「人」の力で、グループ売上高200億円を目指す。 株式会社ハイコムの甲斐副社長 | COCO COLOR KUMAMOTO(ココクマ) | 熊本で働こう!暮らそう!熊本の熱量を届ける
これからのキャリアマガジン

熊本の未来をつくる経営者

「人」の力で、グループ売上高200億円を目指す。 株式会社ハイコムの甲斐副社長

「人」の力で、グループ売上高200億円を目指す。 株式会社ハイコムの甲斐副社長

甲斐文祥(かいふみよし):株式会社ハイコム・取締役副社長。熊本市出身。高校時代はラグビー部で全国大会出場経験がある。明治大学政治経済学部卒業後、1996年にNTT西日本入社。コンシューマー向け営業・法人営業を経験。99年に同社入社。携帯ショップ、通信法人営業、不動産営業など現場経験を経て、06年に現職就任。20年3月からセイワシステム㈱の代表取締役社長も兼任。

創業30年。「人」の力で2022年に売上高200億円を目指す

ココクマ編集部(以下、編集部) 創業30周年おめでとうございます。

甲斐 文祥副社長(以下、甲斐副社長) ありがとうございます。先日、グループ全社員500名が集まり、30周年記念イベントを開催したところです。現在、ハイコムグループは6社で構成されています。グループ各社で展開する事業は、①SoftBank、au、Y!mobile、UQmobileを扱う通信事業、②会社設立当初から取り組む不動産事業、③南阿蘇村の天然水を全国に届ける宅配水事業、④M&Aで取得したポスティング事業、⑤宅配水事業のサポートを自社で担うコールセンター事業、⑥2018年4月に入居開始した有料老人ホームを運営する高齢者福祉事業の6つです。

一見すると、関連性のない事業内容ですが、事業拡大していくなかで、「長く、多くの方に必要とされる事業」を選択してきました。しっかりと顧客のニーズに答え、各事業それぞれが堅実に成長しています。2022年度に売上高200億円の目標に向けて、今後も新しい事業を立ち上げつつ、拡大を図っていくつもりです。創業当時から掲げている当グループのポリシーは「人こそすべて」。当社の事業内容は多岐にわたりますが、そのほとんどがお客さまと接点を持つサービス業です。現場で人と関わる従業員の力を一番大切にし、人財育成・教育には時間と労力を惜しまない経営方針を取っています。また、チャレンジ精神が旺盛であることも強みの一つです。「新しいことをやる!と決めたら絶対にやり遂げる」のが当社のDNA。達成に向け、まずは役員自らが学び行動を始めます。リーダーが率先垂範することで、グループがまとまり、現場を含めた協力体制が構築できるのです。

編集部 社員教育に力を入れていらっしゃるのですね。

甲斐副社長 30周年記念事業として、本社ビルの隣に新しく研修センターを設立しました。4月に着工し、5月から稼働できるよう調整しています。社員教育には一層力を入れていきます。

通信事業ではメンター制度を導入し、入社後2か月間はマンツーマンで先輩社員がフォローするなど、新人・若手向けの研修は整備されています。一方、キャリアアップや階層ごとの研修などは不十分でしたので、研修施設というハード面と研修プログラムなどのソフト面の両面を充実させ、社員の自己実現を支援していけるような仕組みづくりを強化していきたいと考えています。

RPAを導入し、業務負荷の軽減と労働時間の短縮に挑む

編集部 社内での新しい取り組みはありますか?

甲斐副社長 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入して、ルーティン業務の自動化を進めていきたいと考えています。現在は通信事業部にて、営業日報の入力・定時刻メール配信作業などをRPAで完結させています。これまでは担当者が毎日約2時間かけていた“お決まりの定型作業”の削減を実現。生産性向上に繋がっています。今後は、他の事業にも順次RPAを導入していきますし、勤怠などアナログベースで処理していたところにもシステムを投入し、6月から稼働させる予定です。

編集部 労働時間の短縮にもつながりますね。

甲斐副社長 そうですね。残業時間についても各社で目標設定をしてマネジメントしています。個人が月別に目標を設定し、1週間毎に見直しています。超えてしまいそうな社員がいれば時短勤務日を設けて調整するなどの工夫もしています。RPAの導入や残業時間の目標設定などによって、決められた時間の中で効率良く仕事をする意識が社員の中にも定着してきていると思います。

編集部 売上200億円達成に向けた戦略をお聞かせください。

甲斐副社長 まずは既存事業の強化です。通信事業では、M&Aで店舗を増やすことを視野に入れつつ、次世代通信規格「5G」のサービス開始に伴って、店舗の大型化に取り組んでいます。待合スペースの拡大や「5G」によって進化する生活体験コーナーなどを充実させていきます。昨年はauショップ平成大通り店を移転リニューアルオープンしました。5月にはauショップグリーンランド荒尾店を荒尾中央店に名称変更し、大型化してリニューアルオープンします。移転リニューアルや改装など、できる部分から取り掛かっています。店舗の大型化に合わせて、店舗スタッフも荒尾中央店では現在6名のところ10名に増員させます。宅配水事業の顧客数は約16万件まで伸びました。新しいビジネスとして現在100%業者に依頼しているウォーターサーバーのボトルの宅配業務を一定比率内製化していきたいと考えています。将来的には、熊本以外のエリアへも業務拡大していく計画を検討しております。

高齢者福祉事業では、住宅型有料老人ホーム(ハイコムライフ武蔵ケ丘)について、昨年の1年間で1棟目を満床にすることができました。まだ具体的には3棟目の計画はありませんが、物件のリサーチは行っています。

ポスティング事業は、福岡支店・鹿児島支店を事業譲渡し、熊本に特化して営業展開しているところで、熊本市の市政だよりの配布事業を受託することができ、売上も安定してきました。周辺ビジネスなど、まだまだ事業を伸ばせる余地はあると考えていますし、上流工程の企画から携われるような働きかけもしていきたいと思っています。

コールセンター事業は、現在100名のオペレータが勤務。現在、受託している商品のカスタマーサポート業務は一旦落ち着いてきたので、新たな受託案件の獲得を目指しています。現在、熊本の行政広報誌の問合せ窓口業務を一部担当していますので、ノウハウを蓄積し、他県へも展開していきたいと考えています。

新規事業に関して、確定している分野は現時点ではありません。ストック型のビジネスで事業拡大していきたい思いがあり、日々、情報収集しながら社内で検討しています。

編集部 そのために取り組んでいることは?

甲斐副社長 すべての事業で、5カ年の中期経営計画を細かく分解し、目の前の取り組むべき仕事を明確にしています。目標に向かって何をするべきか逆算し、今年度、今月、今週、今日と掘り下げて、組織全体で共に戦っていく意識を持っています。

グループ会社間の連携強化でシナジーを生みだす

編集部 各社順調に成長していますね。

甲斐副社長 これからは事業間で連携を強めていきたいですね。各会社や事業が単体で活動していることが多く非効率だと感じています。折角、多角化で幅広く事業を展開しているのに、もったいないですよね・・・。担当業務に追われ、視野が拡がらないのだろうと思います。例えば、通信とウォーターサーバーの連携。携帯やビジネスフォンでの付き合いはあるが、ウォーターサーバーは未設置だったり・・・。また、宅配水事業で始めたオリジナルラベルのペットボトルも、2000社を超えるハイコムグループの法人顧客に全く案内できていないなど・・・非常にもったいない状況です。

商品アイテムを限定しない法人営業部隊の拡充やグループ全体を統括する本社機能が必要だと考えています。グループを縦断する営業推進のようなセクションをつくり、各事業の商品を展開しやすいように落とし込んでいけたら、グループ全体でもっと伸ばせると思います。現在そのような部署がなく、役員が兼務している状態なので、しっかり仕組み化していきたいですね。RPAを導入することで定型業務の負荷を減らしていく分、営業としてのキャパを大きくしていくことが必要だと考えています。編集部 どのような人材が必要ですか?

甲斐副社長 グループの成長と共に、マネジメント能力が重要になってきていると感じます。グループ全体で、従業員数500人、拠点が40拠点近くあるため、1拠点あたり10人弱で運営している計算になります。この10人ほどのユニットをまとめる人材が、今必要とする、重要な人材です。中堅の管理者が能力を付けることで、組織全体がスピード感を持って前に進んでいけると考えています。また、ただ売上を上げるだけでなく、労務管理など、働き方においても部下に上手くアプローチできるスキルも大切になってきています。

人事部の強化も課題です。現在新卒採用を担当している社員がいますが、今後は研修プロプラムのサポートなども必要になるため、人事部は強化したいところです。

編集部 休日の過ごし方や趣味について教えてください。

甲斐副社長 身体を動かすことが好きなので、月に2回ほどゴルフ場に行き汗を流しています。1ラウンドで5、6時間回るので、一緒に回る人とコミュニケーションが取れるのもいいですね。熊本は良いゴルフ場が多いですし。

あとはマラソンにも取り組んでいます。大会には、社員や社外の知人と一緒に出ています。時間が取れる時はスポーツジムに通って、身体を動かしたあとにサウナに入ってリラックスしていますね。

「人」の力で、グループ売上高200億円を目指す。 株式会社ハイコムの甲斐副社長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

熊本へ転職希望の方の求人はこちら
今週の人気記事
年別アーカイブ
メールマガジン

ココクマのメールマガジン購読者募集中!! 熊本の就職・転職に役立つ情報をメールでお届けします。
月1回配信。登録・購読は無料です。
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。