日本唯一の農業参入コンサルタント 株式会社農テラスの山下社長 | COCO COLOR KUMAMOTO(ココクマ) | 熊本で働こう!暮らそう!

日本唯一の農業参入コンサルタント 株式会社農テラスの山下社長 | COCO COLOR KUMAMOTO(ココクマ) | 熊本で働こう!暮らそう!熊本の熱量を届ける
これからのキャリアマガジン

熊本未来論

日本唯一の農業参入コンサルタント 株式会社農テラスの山下社長

日本唯一の農業参入コンサルタント 株式会社農テラスの山下社長

山下弘幸(やましたひろゆき):株式会社農テラス・代表取締役。熊本県益城町出身。熊本県立農業大学校卒業後に就農。2008年に㈱果実堂入社、09年に同社栽培管理本部長兼㈱果実堂ファーム代表取締役就任。12年に同社設立。

一貫して伝え続けている「新・農業ビジネス」=「稼げる農業」

ココクマ編集部(以下、編集部) 農業参入コンサルタントとはどのようなお仕事なのでしょうか?

山下弘幸社長(以下、山下社長) 私は農業ほどビジネスチャンスに溢れたフィールドは無いと考えています。正しい戦略をもって農業という事業に着手するならば十分に稼げるのです。日本の農業を取り巻く状況は、刻々と変化しています。これまでの農業は個人農家が主体で全国に約200万人が従事し、年間産出額は約9兆円の市場規模。しかしながら、農家の高齢化により、2030年頃に個農家が50万人程度になると試算(当社)しています。

最近、農業に取り組む企業が増えてきました。私は、日本の農業は企業がするようになる、野菜の生産者の欄には企業名が入っていることが当たり前の世の中になると考えています。資本力やシステムがしっかりしている企業にこそ、農業というビジネスに参入してもらいたいと考えており、その普及活動を行っているのです。

編集部 具体的にはどのような活動をされているのでしょうか?

山下社長 企業の農業参入に関するご相談から事業計画立案・実務指導・人材育成・販路開拓まで農業事業のすべてをサポートさせて頂いております。企業や個人・諸団体のほか、最近では地方創生の流れで自治体からの依頼も多く、これまで100案件以上の支援実績があります。熊本県内を中心に福岡や大分など、県外からの問い合わせも増えています。

創業以来、一貫してお伝えしていることは「新・農業ビジネス」についてです。「稼げる農業」が私の持論でもあります。また、顧問契約や講演・セミナー講師の依頼も多く、経団連から個人の農家さんまで、幅広くお話しさせて頂いています。年間約50カ所で講演を行い、今年3月には受講者が1万人を突破しました。

当社の特徴は「農」と「業」の両方の視点を持ち合わせている点です。農業経験歴20年と農業ベンチャーでの経営歴10年、また農業・農家・農村の実情から最先端の企業農業まですべて実務経験と経営経験を持っているのは、恐らく当社だけだと思います。また生産技術だけではなく、農産物のマーケットも把握しておりますので、川上から川下まで知り尽くしている農業コンサルはほかに無いと自負しております。

新しい農業を担う「新・農業ビジネスマン」の育成が使命

編集部 今後の目標を聞かせてください。

山下社長 2021年までに約2万社ある農業法人を3万社まで増やしたいと思っています。そのためにも「人材の育成」に力を入れていきます。農業も事業ですので、人・物・資金・情報・時間などの資源を活用しなければなりません。その中でどうしても人材が不足してしまうのです。

ここで言う人材とは、畑を耕したりする農業者ではなく、農業というビジネスを運営するマネージャーのことです。これからの農業は慢性的な人材不足に陥ります。国や自治体はこぞって農業後継者の育成や新規農業者の斡旋に力を入れていますが、当社は農業人員が不足しても成り立つ農業を実現する「新・農業ビジネスマン」を育成していく予定です。

編集部 人材育成のために取り組まれることは?

山下社長 2年前から「未来農業会議」という勉強会を月に1回開催しているのですが、さらに多くの人に自分の持っている知識やノウハウ・想いを伝えていくために「新・農業ビジネススクール」を開校します。当初は校長である私が登壇しこれまでのノウハウを伝授しますが、次年度以降は全国から講師を招くほか、昨年9月にエージェント契約を交わしたオランダのグリーンブリッジインターナショナル社と協力し、最先端のオランダ農業について学ぶ場を作ることも考えています。熊本から日本農業のエリートを輩出していきたいですね。

年内には「新・農業ビジネス」について本を出版する予定です。全国の農業者、新規農業者に幅広くメッセージを送り、これまでとは違う全く新しい農業ビジネスを展開する人材を発掘していこうと思います。

自分が受けた恩を次の世代に送りたい

編集部 このような事業を展開されている根底には、どのような思いがあるのでしょうか?

山下社長 私がまだ20代の頃、農作業をしながらこの事業の構想を練っていました。当時は現役引退後のライフワークと考えていましたが、随分早く実現できました。これは間違いなく、果実堂の井出社長をはじめ、諸先輩との出会いがあったからです。好きな言葉に「恩送り」という言葉があります。井出社長や諸先輩方から受けた様々な恩恵を、自分なりに「恩送り」したいという思いが強いですね。

また、子供が就きたい職業に「農業」が選ばれたら嬉しいですね。誰でも参画しやすい環境を整備することでイノベーションが起こり、産業としての発展が期待できます。「農業界のHERO」をつくりたいと考えています。

編集部 趣味を教えてください。

山下社長 最近はまっているのが歴史です。特に時系列を見るのが好きで、自分で自分にしかわからない年表を作っています。休みの日だと3~4時間は没頭して作っていますよ。

「歴史は姿かたちを変えて巡っている」と知り合いに教わってから、興味を持ったのがきっかけです。疑問に思った事柄の歴史を、遡って調べるのが癖になりました。年表で歴史を俯瞰して見るようになると、いろんなことが繋がってきて、だんだん先のこともイメージできるような気がしています。

関連記事
【熊本未来論掲載!】株式会社農テラス/山下弘幸社長 「稼げる!新農業ビジネスの始め方」を出版されます!
こだわりの健康茶と販売手法で熊本から挑戦を続ける 株式会社クマモト敬和の宮野社長

日本唯一の農業参入コンサルタント 株式会社農テラスの山下社長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらいいね!しよう

熊本へ転職希望の方の求人はこちら
今週の人気記事
年別アーカイブ
メールマガジン

ココクマのメールマガジン購読者募集中!! 熊本の就職・転職に役立つ情報をメールでお届けします。
月1回配信。登録・購読は無料です。
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。