市場に求められる新しい価値の提供に挑戦する 熊本大同青果株式会社の月田社長 | COCO COLOR KUMAMOTO(ココクマ) | 熊本で働こう!暮らそう!

市場に求められる新しい価値の提供に挑戦する 熊本大同青果株式会社の月田社長 | COCO COLOR KUMAMOTO(ココクマ) | 熊本で働こう!暮らそう!熊本の熱量を届ける
これからのキャリアマガジン

熊本の未来をつくる経営者

市場に求められる新しい価値の提供に挑戦する 熊本大同青果株式会社の月田社長

市場に求められる新しい価値の提供に挑戦する 熊本大同青果株式会社の月田社長

月田潔孝(つきだきよたか):熊本大同青果株式会社・代表取締役社長。中央大学商学部卒業。1984年に肥後相互銀行(現熊本銀行)入行、91年熊本大同青果㈱入社後、2008年に取締役副社長に就任。2016年からは関連会社の㈱大同リース代表取締役社長も務め、2018年5月から現職。

事業の多角化で生産者の所得向上に貢献

ココクマ編集部(以下、編集部) 事業内容を教えて下さい。

月田潔孝社長(以下、月田社長) 全国各地の生産者から出荷される青果物の販売と青果卸売り市場の運営が主な事業です。取扱量は一日あたり約600tと県内最大規模を誇り、青果物の安定供給と適性価格の維持を担っています。また新規事業(グループ会社含む)として野菜の通信販売や特別栽培農産物のみを使った乾燥野菜の製造販売、加工用玉ねぎの自社栽培・リース業・不動産業なども行っています。

グループ会社は6社(熊本大同ホールディングス㈱、㈱大同リース、㈱HOSHIKO Linksなど)。2019年6月には冷凍野菜の製造・販売を手掛ける熊本大同フーズ㈱を大手食品メーカーとの合弁で設立、20年11月には熊本市内に冷凍工場も完成予定です。投資額の大きい案件なので力を入れています。グループ全体として青果物の生産から加工、流通、販売まで一貫して手掛ける総合流通業としての体制を整えているところです。

編集部 新規事業にも積極的に取り組まれていますよね。

月田社長 私たちの役割のひとつに「生産者の所得向上」があると考えています。青果業界はどうしても天気に左右され相場が上下してしまいます。相場が下がってしまっても影響を受けにくい乾燥野菜や冷凍野菜の加工・販売に取り組むことによって、生産者の所得安定に貢献できると考えチャレンジしています。

2018年12月に乾燥野菜「HOSHIKO」の製造工場が完成しました。これにより大量かつスピーディーな生産が可能となりました。国内にとどまらず、野菜栽培が困難な海外への展開も可能です。一般家庭における食費が減少する中、冷凍野菜は食料品の中で唯一売上を伸ばしている品目なのです。加えて国産の冷凍野菜は全体の10%程度でほとんどが外国産。日本人は国産志向が強いですし、最新の冷凍技術で品質にも自信はあります。消費者にも新しい付加価値を提供できるし、雇用が生まれることで地域の活性化に繋がる事業だと考えています。まずはほうれん草から始めて、みかんやいちごなどの品目にも挑戦していきたいと考えています。

編集部 市場に求められる価値も変わってきているのでしょうか?

月田社長 そうですね。生産者の方が出荷物を市場に出して公平・公正・公開の中で取引をする。この基本は市場が始まった大正時代から何も変わっていません。しかし今後は生産者の方が出荷したものをただ売るのではなく、需要の高い、売れる商品を先読みしてこちらから提案していくことが市場に求められていることだと思います。実際に需要の高いブロッコリーなどを生産者の方に出荷してもらったりしています。

また販売方法でも工夫して付加価値を付ける取り組みも行っています。ブロッコリーの例では、発砲スチロールの中に氷と一緒に入れて鮮度を保ったまま販売するんです。こういった取り組みは今後も市場としての使命だと思います。

自ら考え行動できる人材を育成

編集部  以前から様々なことにチャレンジしていますよね。社内でも新しい取り組みをされていますか?

月田社長 2014年から「アメーバ経営」を取り入れました。部門別採算制度を導入、経営会議を社員に公開するなど、社員の経営意識を高める取り組みを行いました。これにより部門長がビジョンを描けるようになり採算意識の高い社員が育ってきていると感じています。

19年8月からは新たに「5S」活動を取り入れました。5Sとは「整理」「整頓」「清潔」「清掃」「躾(しつけ)」の5つの項目のことで、TOYOTAが体系化した活動の一つです。製造業などで取り入れられていることが多いのですが、当社のような青果業にも当てはめることができます。例えば、市場の中でも地面に線を引いて配置を細かく決めて綺麗に並べたり、青果を箱に詰める際も空箱は何箱が適正なのかを改めて考え直したり…基本的なことだと思われがちですが、改めて基準を設けることによって、業務における様々な無駄が省かれ、効率化させることができます。作業の無駄を見極める目が養われると思いますね。生産性向上のためには欠かせない活動だと思います。

アメーバ経営の導入や5S活動によって、社員が自ら考え、能動的に行動できる環境に変化していると感じます。他にも定期的に社内研修会も実施していますし、私が指揮を取って「大同塾」も実施しています。社内教育には力を入れています。研修会の直近のテーマは「部署一人当たりの差し引き収益を伸ばすには」や「時短・働き方改革」といったもの。こういった取り組みの中から、プロジェクトの提案が上がってくることもあるんですよ。実際に先ほどのブロッコリーの話は、社員から上がってきた提案です。こういった社員の自主性は当社の強みでもありますね。

編集部 県外へ販路を求めて飛び回っている社員もいるんだとか?

月田社長 特販部という部門の社員は日本全国を飛び回っていますよ。社員自ら企画して、県外へ営業活動をしています。仲卸や小売りへの販売以外に販路を県外へ開拓しようというところからスタートした部門です。特販部では自ら動かなければ部門の売上が立たないので、社員は能動的に仕事をします。これが会社全体にも良い影響を与えてくれています。

熊本県は農産県で、自給率は100%を超えている状況です。熊本で消費できない農産物を県外に販売しているのです。その他にも北海道の農産物を関東で販売するなど、熊本を介さないことも多々あります。私は市場からの脱却が必要だと考えているので、特販部のように商社的な機能がもっと伸びてくると、面白いと思いますね。

「働きやすい会社」を目指して

編集部 働きやすい会社への取り組みを教えていただけますか?

月田社長 全体朝礼の時間を5時10分から9時40分に変えましたし、各部署に任せて時差出勤を実施しています。

また来年の創業60周年事業の一つとして、11月から「夕ぜり(夕方のせり)」を予定しています。夕方の17時くらいには翌朝販売予定の青果物の約55%が運ばれてきます。置いている間に傷んでしまったりすることを防げるので、ロスを減らせるし状態の良いままで販売できる。生産者と消費者の双方にメリットがあると思います。「夕ぜり」が成功すれば社員全員が早朝に出勤する必要もなくなりますし、働きやすさも向上すると考えています。

他にも外回りからの帰社後にPCで入力する必要のあった日報を、各自のスマホアプリで簡単に出先でも入力できるようにするなど、業務効率化の仕組みづくりを積極的に進めています。取り組みの甲斐があり、一人当たりの労働時間は短くなっていますよ。

編集部 企業主導型の保育園は、どのような想いから開設されたのですか?

月田社長 2018年の8月に開園した企業主導型の「大同スマイル保育園」は会社のすぐ近くにあり、育児中の社員も安心して働いてもらえるのでとても喜ばれています。大同スマイル保育園では「こども食堂」といった活動もしています。周辺の企業に食材提供の協力をしてもらいながら、地域の子供たちと当社の社員でカレーなどを一緒に作っています。まだまだ認知度は低いのですが…これから参加する子供達が増えてくれるといいですね。

日本では出生率が低下していて、毎年約45万人の日本人が減っているそうです。日本の文化を残すために、子供を大切にしていきたいとの思いからこういった活動をしています。福利厚生の面でも出産祝い金の導入を検討しています。社会のために企業にできることがあれば少しでも活動していきたいですね。

編集部 求める人材像を教えて下さい。

月田社長 自分のビジョンをしっかりもった人たちに来て欲しいですね。言われたことだけをするのではなく、自分で仕事を作り出せる人たちに仲間になってもらいたいです。「これをやりたい」と言われて頭から否定することはありませんから。

グループ会社もありますし受け皿が多様なので、部署によって自身の強みを活かせてもらえると思います。

編集部 趣味を教えて下さい。

月田社長 趣味はたくさんあるのですが…一つはギターですね。社内でバンドを組んでお客様感謝祭などで披露していますよ。ゴルフも趣味の一つです。プロゴルファーの話も聞いたことがあるのですが、ゴルフの練習ってすごく地味なんです。仕事もそうだと思うんですが、地味な事をコツコツやることが大切ですよね。地味で小さな仕事を積み重ねないと大きな仕事には辿り着きませんから。新規の事業にも挑戦していますし多角化を進めていますが、地道な生産者さんへの訪問も変わらず大切していかなければならないと考えています。

市場に求められる新しい価値の提供に挑戦する 熊本大同青果株式会社の月田社長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

熊本へ転職希望の方の求人はこちら
今週の人気記事
年別アーカイブ
メールマガジン

ココクマのメールマガジン購読者募集中!! 熊本の就職・転職に役立つ情報をメールでお届けします。
月1回配信。登録・購読は無料です。
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。