青果物の生産から販売まで一貫体制を構築 業界の未来を変革する 株式会社藤本物産の藤本社長 | COCO COLOR KUMAMOTO(ココクマ) | 熊本で働こう!暮らそう!

青果物の生産から販売まで一貫体制を構築 業界の未来を変革する 株式会社藤本物産の藤本社長 | COCO COLOR KUMAMOTO(ココクマ) | 熊本で働こう!暮らそう!熊本の熱量を届ける
これからのキャリアマガジン

熊本の未来をつくる経営者

青果物の生産から販売まで一貫体制を構築 業界の未来を変革する 株式会社藤本物産の藤本社長

青果物の生産から販売まで一貫体制を構築 業界の未来を変革する 株式会社藤本物産の藤本社長

藤本泰弘(ふじもとやすひろ):株式会社藤本物産・代表取締役社長。熊本市出身。九州東海大学卒業後、京都のスーパーマーケットで1年間の勤務を経て、1999年に同社入社。営業三課(野菜部)課長、果実部部長、2008年常務、09年専務を経て、13年5月に社長就任。

10年後を見据えた事業展開

ココクマ編集部(以下、編集部)昨年で創業70周年でしたね。

藤本泰弘社長(以下、藤本社長)ありがとうございます。当社は昭和23年、熊本駅前の小売店舗からスタートしました。現在は熊本地方卸売市場(通称:田崎市場)を拠点に、野菜や果物等の青果物の仲卸を展開。熊本のみならず全国の市場や生産地から青果物を仕入れ、全国の量販店・小売店に販売しています。現在直営店舗は19店舗、今度さらに1店舗増える予定です。

また農産物の商品開発や選果業務を行う株式会社フレッシュダイレクト、カット野菜・カットフルーツの製造や青果物の加工・パック詰め・袋詰め等を行う株式会社フレッシュ工房、商品の仕分け・配送を行う株式会社ケイ・エフ物流と、グループの強みを活かし、青果物の生産・流通・加工・販売を一貫して手がけています。

編集部 青果物の生産から販売まで一貫して手がけていらっしゃる会社は少ないのでは?

藤本社長 そうですね、全国的に見てもほとんど無いと思います。農業・流通を取り巻く環境は厳しいですが、川上から川下をカバーできる当社独自のノウハウを武器として、毎年売り上げを伸ばし続けることができています。

しかし、野菜や果物のニーズは確実に変化してきており、常に油断はできません。野菜を切るのがめんどくさいという人の増加とともにカット野菜のニーズが増えたり、果物についても最近は自分で皮をむいてまで食べたくない、という人がかなり増えました。輸入商社の担当者から聞いたのは、バナナすらむきたくないという人も多いとか・・・。

一方では搾りたてのフルーツジュースが1杯400~500円で売れています。野菜も同様ですが、10年前と今では消費者の嗜好も全く違います。今後もさらに変化していくと思いますし、常に10~20年後を予測した事業展開を行うことが必要不可欠です。

青果業界全体の発展を目指す

編集部 具体的に何か取り組まれていることはありますか?

藤本社長 カット野菜から派生して、最近はスーパーの惣菜売場のバックヤード向けに「惣菜キット」というものを作っています。現在50アイテム程用意しており、例えばお好み焼きですと、作るのに必要な野菜・肉をあらかじめカットしたもの、そのほか小麦粉や調味料をまとめてキットとして販売しています。封を切り、混ぜて焼けば惣菜が完成しますので、人手不足で困っているスーパー等でご利用頂いています。今後は実際に惣菜も当社の工場で作り、カット野菜のロスもうまく活かせないだろうかと思案しているところです。

また地震後、仲間と一緒にファンドから約8億円を調達して、株式会社ビタミン・カラーという会社を設立しました。ここでは当社と生産委託契約を締結した契約農家へ、種苗・資材等の提供やビニールハウスなどの生産施設等を貸与し、当社と契約農家で恊働しながらほうれん草(葉物野菜)の生産を行っています。最新の技術やデータも駆使しながら、熊本では不可能と言われていた周年栽培を実現し、契約農家の経費削減と収益拡大・作業軽減化・生産効率化・省エネルギー化を図っています。

遊休地等を活用することで耕作放棄地の解消にもつながりますし、誰でも同じように野菜を作れる環境を用意することで、「子供たちに自分と同じ苦労をさせたくない・・・」と田畑を手放そうとする生産者に相談してもらえるような会社になればいいなと考えています。

編集部 売上拡大というよりも地域への貢献という想いを感じますが・・・。

藤本社長 熊本地震で考え方が変わりましたね。弊社も大きな被害を受けましたが、同業者や生産者など多くの方々も被災し、自分たちができることはなんだろうと考えました。正直それまでは、自社の業績さえ良ければいいと利己的な部分もありました。しかし地震を経て、このような状況の中で自社だけが発展するわけはない、皆に喜んでもらえる会社になろう!業界全体の発展を考えよう!と、強く思うようになったのです。

また昨今、日本は生産者の数がどんどん減っています。農家の平均年齢は74歳、後継者がいなくて廃業する方も後を絶ちません。このままでは将来、日本人が日本でできた野菜を食べられなくなる日が来るのではないかと・・・。私たちの仕事は生産者の方がいなければ成り立ちません。生産・選果・加工・流通など様々な機能を併せ持ち、ノウハウや技術を蓄積していくことで、生産者や日本の青果業界に貢献できればと考えています。

今年の3月に、合志市に選果加工や農産物商品の研究・開発を行う事業所を新設しました。この事業所は「クマモト未来型農産業コンソーシアム推進協議会」の事業拠点にもなっており、コーポラティブオフィスとして農業関連の会社が5社が入居しています。その他にも、農業ビジネススクールを開講したり、コッコファームさんと一緒に「水田水耕」という新しい水田の活用方法を開発するなど、新規就農者の育成や現代農業が抱える課題解決の拠点として展開していきます。

青果に関することには幅広く仕掛ける

編集部 卸売業界というと勤務時間が長そうなイメージがありますが・・・。

藤本社長 確かに、私が入社した当時は朝4時半に出勤して、終業が18~19時といったことが普通でした。休みもほぼなく、月に1~2回程度でしたね(笑)。でも今は働き方改革が叫ばれるようになりましたし、市場自体も人手不足で休みが増えるようになったので、少しずつ勤務環境も変化してきています。

当社でも出社時間をずらして、勤務時間が8時間以上にならないような仕組みづくりを進めています。例えば、仕入れ担当は朝5時半、営業は8時出勤と決めて、早く出社して早く退勤したい社員は仕入れを担当、早起きが苦手な社員には営業を担当してもらうとか・・・。有給休暇も取得しやすいように・・・など考えていて、6月以降にはその仕組みが整う予定です。

編集部 より働きやすい環境づくりを進めていらっしゃるのですね。

藤本社長 今後、さらに幅広い事業展開を行っていく上で人材が必要不可欠です。当社の従業員の平均年齢は34歳、彼らが一人一人夢を持って将来を描けるよう、権限を与えて積極的にチャレンジする機会を設けています。また昨年から自己啓発に繋がる勉強会も実施するほか、役職ごとの研修や人事考課制度を導入し、やりがいをもって働ける職場づくりを目指しています。

昨年度のグループ全体での売上高は約168億円ですが、2020年には200億円、2030年に350億円を目標に掲げています。そのためにも、川上から川下まですべてをカバーできる強みを活かして、今後は福岡や鹿児島へ進出し、九州の縦のラインを繋げたい考えです。今後の青果業界の発展のためにも、青果に関することにはなんでも積極的に、幅広く仕掛けていきたいと思います。

編集部 趣味を教えてください。

藤本社長 体を鍛えるのが好きですね。ストレス解消にもなりますし、週に2~3回はジムに通っています。内容は主に筋トレと有酸素運動です。有酸素運動は特に頑張っていて、1分間時速12kmで走って、3分間時速8kmでゆっくり走る・・・というのを繰り返します。これを1時間程度続けるのですが、20分もしないうちに汗が吹き出しますね(笑)。やはり職業柄、接待や会食も多いですし、体が資本なので時間を見つけて行くようにしています。

青果物の生産から販売まで一貫体制を構築 業界の未来を変革する 株式会社藤本物産の藤本社長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

熊本へ転職希望の方の求人はこちら
今週の人気記事
年別アーカイブ
メールマガジン

ココクマのメールマガジン購読者募集中!! 熊本の就職・転職に役立つ情報をメールでお届けします。
月1回配信。登録・購読は無料です。
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。