地域密着の地場ゼネコン 強い使命感を持ち人々の暮らしを守る 株式会社木村建設の木村社長 | COCO COLOR KUMAMOTO(ココクマ) | 熊本で働こう!暮らそう!

地域密着の地場ゼネコン 強い使命感を持ち人々の暮らしを守る 株式会社木村建設の木村社長 | COCO COLOR KUMAMOTO(ココクマ) | 熊本で働こう!暮らそう!熊本の熱量を届ける
これからのキャリアマガジン

熊本未来論

地域密着の地場ゼネコン 強い使命感を持ち人々の暮らしを守る 株式会社木村建設の木村社長

地域密着の地場ゼネコン 強い使命感を持ち人々の暮らしを守る 株式会社木村建設の木村社長

木村賢正(きむらたかまさ):株式会社木村建設・代表取締役。熊本市出身。1977年6月生まれ。九州東海大学卒業後、大手ゼネコンの不動産事業部に入社。2007年に同社入社、営業部長を経て、10年に現職就任。

建築業=人々の命を守る仕事

ココクマ編集部(以下、編集部)事業内容を教えて頂けますか?

木村賢正社長(以下、木村社長)当社は熊本地場のゼネコンとして1955年に創業し、今年で63年目を迎えました。現在は「BAUHAUS.」を屋号とした注文住宅事業・建築工事業・舗装工事業・土木工事業・NTTドコモ事業(基地局の建設)を展開しています。「建築業は社会資本を整備する仕事であり、人々の命を守る大きな使命感を担っている業界である」という基本理念のもと、技術力・人間力の向上に力を注いでいます。

公共工事においては、2016年に熊本県優良工事等表彰の建築一式工事部門で表彰頂き、技術力の高さを評価頂いています。加えて強い経営体質など、公共工事入札基準をトータル的に満たしていることが当社の大きな強みです。

去る9月に決算を迎えましたが、売上は約19億円で前期から6億円程伸びました。当期は22億5000万円を目標に掲げ、住宅についても40棟完工を目指しています。
また県北エリアの需要が増していますので、来年の1月には玉名にも店舗を構える予定です。

編集部 売上拡大の要因はなんでしょうか?

木村社長 注文住宅事業の売上が約5億3000万円と昨年よりも伸びており、全体の売上を押し上げています。これには商品の良さが欠かせません。

当社では2012年に注文住宅事業をスタートし、その時から一貫して「R+house」のみを提供させて頂いておりますが、これは私が約2年の歳月をかけ巡り合った、自信を持って提供できる住宅です。

一流の建築家が設計するデザイン性の高い家で、かつ高気密・高断熱・高耐久と機能性に優れています。自由設計にも関わらず大手ハウスメーカーほど高くありませんし、品質も負けません。時代に合った性能の良さで需要が高まっていることに加え、「R+house」のみを扱うことで一貫性があり、現場の生産性向上にも繋がっています。

性能重視を貫くことが成長の鍵

編集部 性能の良さにこだわっていらっしゃるのですね。

木村社長 日本の住宅業界は海外と比べるとかなり遅れていて、どちらかというとデザインや設備を重視する傾向にあります。基本的には住宅も建物である以上、地盤・基礎・構造・工法などの基本性能がまずしっかりしていなければなりません。その上で、デザインや機能を付加していくという考え方が重要だと思っています。

熊本地震の際、築年数の浅い住宅がいくつも倒壊している実態を目の当たりにしました。住宅も社会資本であるということを再確認し、人々の命を守れるような住宅を提供していかなくては・・・という使命感が増しましたね。

編集部 住宅の着工戸数は全国的に減少傾向にありますが、受注を増やして行くためには?

木村社長 着工戸数と共に業者も減ってきています。2020年に新築住宅の建築に際して「改正省エネ基準」の義務化が施行されるのですが、これが住宅業界にとってひとつの転換点になると言われています。施行まであと2年足らずですが、まだ遵守していない住宅会社も多く、そのような会社はまず生き残っていくのが難しいのではないかと・・・。
その点、「R+house」は10年後を見据えた商品開発を行っていますので、「改正省エネ基準」の義務化にも対応できる性能を持っていますし、目の肥えた消費者の皆様のご期待にも応えることができています。

また当社では6年前から性能にこだわった家づくりを行ってきましたが、業界1位の他社もひたすら家の性能重視で販売し続けています。性能重視を貫いたことが時代の背景と合致し、売上に繋がったのです。当社も性能は同等で、なおかつコストパフォーマンスにも優れています。きちんと営業すれば、売れない理由も他社に負ける理由もない、そう確信しています。

最近は家を建てる年齢層も若年化してきています。20代前半で検討する方も増える中で、どのような商品構成で展開するかなど、ニーズに合わせて考えて行く必要がありますね。

熊本は新たなチャレンジを求めている

編集部 建築業界では人手不足が叫ばれていますが・・・。

木村社長 熊本地震の影響もあって大工などの人手不足が問題となっていますが、当社ではお客様にご迷惑お掛けしないようにある程度の着工制限をかけ、着実にこなせる棟数を手掛けています。

そのほか当社では、特に営業が足りなくて常に募集している状態です。当社の営業は他社と少し違うので、ド素人の方でも大丈夫。きちんとしたマニュアルも研修もありますので、真面目に1年間頑張れば一人前になれますよ。
また、一流の建築家の仕事のプロセスを目の当たりにできますので、学ぶ機会も多いと思います。建物を提供する会社が自信を持てないようなものを提供していたら話になりませんので、社員教育には費用も時間も惜しみません。仕事を通して大きく成長できる場を用意しています。

編集部 社長自身もUターン者ですが、東京と熊本の違いについて感じていらっしゃることはありますか?

木村社長 東京はいろんな意味でドライです。個人が強くないと生きていけない世界だと思います。一方で、熊本は人と人の繋がりが強い社会・・・。やりにくいところもありますが、暖かく人間味がありますね。

UIターン者の方々にはぜひ、東京での経験を熊本で活かしてほしいです。熊本では経営者の世代交代が進んで新たなチャレンジが求められています。良き伝統は残しつつ、柔軟な発想も求められる時代。挑戦したい向上心のある人には成長できる土台が熊本にはあると思いますよ。

編集部 趣味を教えて頂けますか?

木村社長 趣味は仕事ですね(笑)。土日も接客する営業のサポートなど仕事をしていることが多く、休みが不定期なので趣味を作る時間もないですね。仕事をするか、街中でうまいものを食べるか・・・それくらいです。たまにサウナに行ったりもしますね。サウナの後の生ビールは格別です。

関連記事
全国でわずか13社のSグレード認定!「質」にこだわり挑戦を続ける株式会社永井製作所の永井社長
「お客様のお困りごとにNOを言わない」創業の精神を貫き、出来ることの幅を拡げる株式会社マスナガの森社長

地域密着の地場ゼネコン 強い使命感を持ち人々の暮らしを守る 株式会社木村建設の木村社長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらいいね!しよう

熊本へ転職希望の方の求人はこちら
今週の人気記事
年別アーカイブ
メールマガジン

ココクマのメールマガジン購読者募集中!! 熊本の就職・転職に役立つ情報をメールでお届けします。
月1回配信。登録・購読は無料です。
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。