株式会社すがコーポレーション

次世代リーダーが語る「熊本未来論」

管聖(すがきよし):株式会社すがコーポレーション・代表取締役。熊本市出身。熊本短期大学卒業後、クレジット会社、不動産会社勤務を経て、2001年に同社を設立し現在に至る。趣味はランニング、ゴルフ、読書。座右の銘は「勝つもの諦めず、諦めるもの勝てず、世に生を得るは事を成すにあり」(坂本竜馬)。

PROFILE プロフィール

熊本市内および近郊の益城町、菊陽町、合志市を中心に不動産売買仲介業を手掛ける同社。「昔からあった不動産という事業形態に新しいやり方で取り組む。常に同じやり方、考え方ではやらない」と管氏。3000~5000世帯を1つの営業エリアとして営業担当を配置し、30%近くのシェア率を取ってから、次の地区に進出するという独自のエリア戦略を展開。熊本市内全域に商圏を拡大し、地域の不動産コンシェルジュとして存在感を増しつつある。

FEATURES 事業の特色

同社は不動産売買専門のフランチャイズを手掛ける「イエステーション」に加盟(全国89社・店舗数113店舗/2015年3月1日時点)。土地や既存住宅、既存マンションを専門に取り扱い、2013年の販売実績は304件。不動産仲介件数では熊本県内でNo.1を記録している(西日本レインズ調べ)。営業スタッフは、担当地域の学校・病院・バス停の本数・スーパーの特売日に至るまで熟知。物件の棚卸しや相場、地域のシェア率をふまえた上で、広告やインターネットからの問い合わせをもとに、顧客視点に立ったきめ細やかな対応を重ねている。


営業社員は全員が業界未経験者。「会社のやり方をしっかりと吸収してほしい」との考えから、業界未経験者を積極的に採用している。社員教育の面では「人間性・社会性・専門性」の3つの柱を掲げ、熊本や会社(集団)の中で生活する上で大事なことや不動産の専門知識について教えている。入社後は、先輩同行によるOJTと毎週のOFFJTにより、先輩を見ながら営業スタイルを習得。銀行によるローン研修や司法書士による不動産登記研修など専門教育も充実している。また有志による朝の読書会や自分自身のビジョンを語り合う「管塾」を開催。社員から「こうしましょう。ああしましょう」という声が出るようになり、社員の自発的な提案や行動につながっているという。イエステーション加盟店同士ではノウハウの共有体制が確立され、サービスレベルの向上を目指している。全国の加盟店が集うセールスコンテストでは、契約数や仲介手数料を対象とした個人の部において同社から日本一に4人が選ばれた。ホームページ上には社員のプロフィールや日記を公開。一方で、お客様の声を写真つきで紹介するなど、社員やサービスを身近に感じてもらう工夫を凝らしている。「不動産賃貸は体育会系と思われながらも、当社では体育会系ではない方が活躍される場が多い」と管氏。「売る気満々の人よりも、お客様のために一生懸命何とかしてあげたいという気持ちがお客様から支持を受けているのでは」という。家を買っていただいたお客様から食事に招待される社員がいるほどだ。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

Vision ビジョン

基軸の不動産売買事業にリフォーム事業や保険事業を付帯させた、新しいビジネスモデルを構想する同社。2014年にはリフォーム事業を開始し、受注金額は1億円を突破した。今後3年以内には、福岡・鹿児島への進出も視野に入れている。社員の平均年齢は28歳。会社の将来に向けて、社員教育には力を入れている。「人を変えるためには教育しかない。教育すること、経験することにはお金を惜しまない」と管氏。「5年後10年後には、今いる中堅社員の脂がのる時期になり非常に楽しみ」と期待をかける。

MESSAGE メッセージ

県外でも仕事をする機会が多い中、「熊本は実は皆さんが思っている以上に都会なんです」と、他県にはない魅力を語る。「人口減少といいながら、若者が溢れている。若者のパワーがすごくあるのではないか」と、若者の存在感も感じている。2007年からは新卒採用を本格化。「最初の頃は失敗もあったが、同業者にも新卒採用が広がった。活性化につながればいい」と管氏。社員やお客様との一期一会を通して、熊本への貢献を進めていく。


 


熊本の不動産コンシェルジュ<㈱すがコーポレーション>

掲載企業

一覧
PAGE TOP