株式会社なごみ石材

次世代リーダーが語る「熊本未来論」

松原晃由(まつばらあきよし):株式会社なごみ石材・代表取締役。熊本市出身。熊本第一工業高校(現・開新高校)卒業後、陸上自衛隊、佐川急便を経て、2011年に同社設立。

PROFILE プロフィール

創業80年、親子3代にわたる松岡石材の地盤を引き継ぎ、代表に就任した松原氏。石の産地として代々続く石材屋が多い熊本。「これまで墓石屋でなかったからこういう発想ができたと思う」と、墓石の「免震・耐震」に着手。「きっかけは東日本大震災。今からの時代は品質の時代だと感じた」。特殊シリコンによる免震・耐震の墓づくりで経済産業省の経営革新計画の承認を得るなど、ベンチャー企業ならではの先進的な取り組みを進めている。

FEATURES 事業の特色

墓石の施工・販売を手掛ける同社。営業エリアは本社を置く宇城市、営業所のある合志市を拠点に熊本県全域に広がる。施工実績は延べ180基(工事を含めると約700基)で、2014年度売上は1億円を突破した。同社の強みは「免震・耐震」によるお墓づくり。基礎部分には鉄筋を入れて耐震基礎を構築。墓石と墓石の間には熱や寒さに強い特殊なシリコンを挟み、ステンレス製の金具で固定し石と石との分離を防ぐ。こうした技術力の高さにより、2013年に「免震・耐震のお墓づくり」として経済産業省・経営革新計画の承認を熊本県第一号として受けた。また、14年1月には業界内でも珍しいポイントカードを導入。商品の購入により加算されたポイントは全国共通ギフトカードと交換が可能で、希望者は商品購入の有無を問わず入会できる。お客様を紹介した場合は、紹介した方だけでなく紹介を受けた方にもポイントが加算される仕組みを採用している。お客様へのお墓の引渡し後は、アフターメンテナンスを重視。お墓を購入されたお客様のもとには年1回足を運び、お墓の清掃やメンテナンス、破損部分の修理などを無料で実施する。こうした取り組みが利用者の口コミを呼び、売上の約70%は利用者の紹介によるなど安心と信頼につながっている。


「中小企業が利用できる補助金は意外に多い。日頃から情報収集を欠かさず、会社経営に取り入れています」と松原氏。自社CMなどの広告費は国や県からの補助金を有効活用している。営業面では、さらなるシェア拡大を目指し営業人員強化を検討。求める人材像は、「常識や固定観念にとらわれない自由な発想や考えが理解できる方、新しいことに取り組んでいける方を求めています」。お客様と密にコミュニケーションを取りながら、明るいお墓づくり、明るく楽しい元気のある会社づくりを目指している。経営理念は「私たちはお客様の家族の幸せをおつくりいたします」。「何かあればなごみさんに」という安心感を、家族や墓守を続けていく方々の幸せにつなげていく。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

Vision ビジョン

「ポイントカードやメンテナンス、取次店の拡大など私たちの会社にはいろいろな武器がある」と松原氏。宇城市を拠点にサービス力を活かしながら営業所の増設や取次店との連携を強化しシェア拡大を図る考えだ。「お墓は子孫永代残るもの。お客様のニーズをしっかりと形にしていきたい」と、お客様満足度100%のお墓づくりを目指している。「応援してくれる方々からの紹介が多く、4年間の苦労が実になってきている。人と人との縁を大切にする会社にしていきたい」と理想の会社像を語る。

MESSAGE メッセージ

「一番の魅力は人が良く、明るい方が多いこと。お客様と接していて皆さん楽しい」と松原氏。「県外の方が皆さん『食べ物がおいしい』『見所が多い』と言われる。そうした外の視点を利用するべき」と考えており、積極的な行動による熊本の魅力発信に期待している。業界としては、「今からの時代は業界内で足を引っ張り合うのではなく、協力し合っていくことが熊本の活性化につながる」。自社では終活カウンセラー資格を活かした「終活セミナー」などの活動を通して、地域を明るく元気にする取り組みを目指している。


 


墓石の免震・耐震施工を手掛ける熊本の<㈱なごみ石材>

掲載企業

一覧
PAGE TOP