株式会社アスリートクラブ熊本

次世代リーダーが語る「熊本未来論」

池谷友良(いけやともよし):株式会社アスリートクラブ熊本・代表取締役社長。静岡県浜松市出身。中央大学卒業後、日立製作所(現 柏レイソル)サッカー部に入部。引退後、柏レイソルヘッドコーチ、監督等を経て、2005年ロアッソ熊本初代監督に就任。12年3月、現職就任。

PROFILE プロフィール

2004年12月、「熊本にJリーグで戦うサッカークラブを創り、街を活性化させる」という目的で設立された㈱アスリートクラブ熊本。設立当時は社長を含む社員が3人、ボランティアが2人という状況だったが、現在では選手やスタッフ、アカデミー(育成組織)スタッフまで加えると約80名のクラブへと成長を遂げた。近年ではアカデミーの数が非常に増えてきており、熊本で育成した選手たちが日本代表、そして世界へ活躍の場を広げることで将来的にクラブ力の強化につながることを願っている。また、池谷氏のように監督歴を持つ社長はJリーグの中でも珍しい。「サッカーを通じて熊本を元気にする」という熱意に賛同し、熊本で戦う決意をした当時を振り返る。

FEATURES 事業の特色

事業本部(営業部・プロモーション部・マーケティング部)、強化本部(トップチーム・育成)、ホームタウン推進室(普及)、管理本部(総務・経理)など各部署に分かれている。また、クラブ運営の大きな柱となっているのはスポンサーからの協賛収入だ。2017年時点では関係企業は約400社以上にのぼり、スポンサー価値を高める為にも、観客動員数を伸ばす事を重視。また、観客動員数を伸ばす事で、チケット収入やグッズ販売数の増加に繋げて行く考えだ。

近年では「ホームタウン推進室」を新しく立ち上げ、地域イベントや将来の選手の育成など地域活性化に向けた活動を行なっており、クラブ活動方針を「日本一地域に根ざしたクラブ作り」と掲げている。年間約200回を超えるイベント出演やサッカー教室を行い、クラブの中でも上位に入る活動実績を残した。地方クラブの運営という点では、勝利を目指しつつも、地域との関係性を深くする事を重視している。

熊本地震後には、開催場所であるグラウンドが使えなくなり選手達地震も大変な思いをした。しかし、被災された方や子供達に笑顔を広げていきたいと支援活動に加え、震災後のホームゲームでは被災地の方を無料で招待する復興支援企画を行なっていた。「ロアッソ熊本火の国もりあげタイ!」の活動では「地域をみんなで一緒に盛り上げさせてください。一緒に地域活性化・復興の仕事をさせてください。とこちらからお願いをしたことで地域の皆様には凄く喜んで頂いている」。地域の方々がロアッソ熊本を身近に感じる一方で、県外出身の選手にとっても熊本を知る良い機会となっている。また、熊本市から離れた市町村の方々がバスを借りて試合を観戦に来てくれるなど、観客動員数を伸ばす観点からも可能性を感じる事業だ。

試合やイベントの前日は、準備や設営その他業務をチームワークを活かしスタッフ総出で行う。また、Jリーグクラブの運営は想像以上にハードだと語る池谷氏。「一見華やかそうな世界だが、裏方の仕事はそうではない。タダでも働きたいというぐらいの気持ちでないと務まらない」と話す一方で、「仕事で純粋に喜べる、勝って涙できるというのは、一般企業では味わえない」とクラブ運営のやりがいを話す。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

Vision ビジョン

J1の舞台を目指しながらも、日本一地域に根差したクラブになる為の取組みを続ける同社。「来シーズンはクラブとチームがJ1という同じ目標を確実に達成できるプランニングを行う。それが理念の達成にも繋がる」。また、スタッフが働く環境の整備も視野に入れている。「ほとんどのスタッフが理念に賛同し、ロアッソに対する愛だけで仕事をしてきたが、これからはJ1に相応しいクラブになる為にも、自分達で仕事のやり方をワンステップ上げなければいけない。」とJ1昇格に向けた意気込みを語る。

MESSAGE メッセージ

設立時からのクラブ理念である「県民に元気を」「子ども達に夢を」「熊本に活力を」という想いは現在でも変わらない。熊本地震を経験し、クラブは危機的な状況に立たされたがサッカーを通じて一般の方から「勇気・感動・元気」をもらったという。東京に比べて暮らしやすさや水の綺麗さを挙げる中、「熊本の一番の良さは人と人の繋がりの深さ」と熊本の魅力を語る。「赤(ロアッソ)からブルー(日本代表)へ、そして世界へ」を合言葉に地域活性化と共に優秀なサッカー選手の育成にも力を入れる。クラブスローガンは「絆 180万馬力」。180万県民の応援を力に変え、ロアッソ熊本に関わる全ての皆様と絆を結びチーム・クラブ一丸となって戦っていく。「勝負へのこだわり」による夢や希望を、「日本一のホームタウン活動」による熊本への愛を今後も届けていく。

 

「熊本をサッカーで元気に」ロアッソ熊本を支える<㈱アスリートクラブ熊本>

掲載企業

一覧
PAGE TOP