【トピックス】今春卒業予定の大学生就職内定率80.3%/4年連続の上昇でリーマンショック以前の水準に

文部科学省と厚生労働省がまとめた2014年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」によると、今春卒業予定の大学生の昨年12月1日現在の就職内定率は80.3%(前年同期比3.7%増)となり、4年連続で上昇したことがわかりました。

同時期の内定率が80%を超えるのは6年ぶりのことで、2008年のリーマンショック前の水準までほぼ回復しています。

最近の記事

PAGE TOP