金子貴代美さん

社員写真

熊本バスケットボール株式会社
バスケットボール普及活動兼チームアシスタントマネージャー
同社ココクマページはこちらから
同社ホームページはこちらから

 

INTERVIEW インタビュー

子どもの頃からバスケットボールに親しみ、大学時代には日本代表に選ばれた経歴を持つ金子さん。卒業後は5年間愛知県の実業団チームで活躍し、キャプテンも務めた。「夢として、熊本に帰って子どもたちにバスケットボールを教えたい気持ちがあった」という。湯之上氏との縁があり、2013年7月に同社入社。「Uターンということで待遇面の変化はあったが、それでもやりたいことができる」という思いが強かった。現在は、トリコロールキャラバンの運営とチームのアシスタントマネージャーを担当。県内の小中高校、幼稚園、保育園への選手同行や案内回り、日程調整や書類・備品・発送作業の準備サポート、試合会場の設営など幅広い業務をこなす。「キャラバンでは選手が率先して行動して、助けてくれる。楽しく仕事ができている」と、周囲と協力し合いながら仕事を進めている。


「もっと上を見ないといけないが、やりたいことができているので、現時点では満足している」「バスケットボールを子どもたちに教えられる環境にいることがうれしい」と、仕事のやりがいを感じている。「いろいろな人にチームを知ってもらう活動をしたい」と笑顔の金子さん。「身近にプロ選手と触れ合う場所がある。ヴォルターズを知ってもらい、試合に来てもらいたい。いろんな場所でバスケットボール教室ができればいい」「実業団やプロ選手を目指す子どもたちが増えてほしい」と、これからの夢を熱く語ってくれた。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

熊本で働く人一覧

一覧
PAGE TOP