野々原奨(すすむ)さん

社員写真

株式会社神山モータース
メカニック工場長
同社ココクマページはこちらから
同社ホームページはこちらから

INTERVIEW インタビュー

熊本県内の工業高校を卒業後、2003年に同社に新卒入社した野々原さん。学生時代からエンジンに興味があり、関連する仕事を探す中で同社の求人に出会った。メカニック職として入社後は、バイクの取り扱い方(拭き方・手入れ方法・押し方など)から、店舗内外(照明管理や駐車場整備など)の管理方法まで徹底した指導を受けた。「お客様視点でどう見られるか(第一印象)が大切です。キャリアを重ねるごとにその重要性を感じています」。現在はハーレーダビッドソンの新車・中古車のメンテナンスを担当。「当社では技術力だけでなくコミュニケーション力や接遇力が求められます」と語る。修理前の状況把握や修理後の状況説明には時間を割くことでお客様からの納得感を得られている。


工場長としては部下3名のマネジメントを担当。部下の特徴を理解し、適材適所を意識し業務を割り振る。「全員で助け合う風土がある会社です」と野々原さん。イベントを開催することが多い同社では、部門の分け隔てなく全員で準備に取り組んでいる。「“ひと手間を加える”というのが社長からの教えです」。入庫時よりも美しくしてお返しする、見栄えを意識してパーツを装着するなど細かな積み重ねを日々実践。「『野々原さんに任せておけば間違いない』というお声をいただくと、この仕事をやっていてよかったと思います」。今後の目標は、「『ここなら整備が上手』『クオリティが高い』と今まで以上に評判が広まる会社にしていきたい」。整備レベルをさらに向上させながら、売上やお客様満足に貢献していく考えだ。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

熊本で働く人一覧

一覧
PAGE TOP