近藤経久さん

INTERVIEW インタビュー

税理士事務所勤務を経て、2012年に同社に入社した近藤さん。「一歩ずつ焦らず確実に」をモットーに、32歳で税理士資格を取得。「大きなフィールドを持つワンストップ体制の中で活躍したい」との思いから同社への転職を決断した。現在は、医療や製造分野の企業を中心に、決算や申告業務、融資の相談対応などを担当。事業計画書の作成や返済方法の検討など、企業と銀行の間を取り持ち、資金調達につなげる部分に会社の強みを感じている。仕事のやりがいは、「お客様の会社の未来を一緒に創り上げていくことができること」。経営の根本をサポートする責任は大きいが、その分クライアントと深いつながりになることもあるという。「税金や数字はあくまで通過点。数字だけを見るのではなく、クライアントの従業員・家族・未来を理解しサポートすること」を心掛けている。


「社内には明るいスタッフが多く、スポーツや趣味などプライベートな環境も充実しています」「ボランティア活動も社員が率先して参加している姿を見ると頼もしく、一緒について行けば何か起こりそうなワクワク感さえ感じます」と、明るい社風と頼りになる仲間を誇らしく思っている。「将来的には得意分野をつくって税理士資格を活かしていきたい。特に医療と相続分野に特化し、時代が求める専門分野のスペシャリストになりたい」。事業運営を間近で見ることができる、恵まれた環境にいることを実感していた。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

熊本で働く人一覧

一覧
PAGE TOP