玉田順也さん

INTERVIEW インタビュー

2014年2月に同社へ転職を果たした玉田さん。13年に熊本市内で開催された「藤崎宮秋の例大祭」に参加した際に、中学高校と同級生であった田邉氏と再会。「今後社内のノウハウ・経験を継承していく人材として一緒に手伝ってほしい」という言葉が同社への転職を後押しした。現在は環境アセスメントや環境関連の調査・届け出などの業務を担当。先輩社員と共に業務に取り組む中で仕事内容を習得し、最近では個人で担当する業務も増えてきた。「社内の世代交代というリミットが近づく中で、先輩方からしっかりとノウハウを受け継いでいきたい」と前向きだ。前職では司法書士事務所に勤務しており、法律的な知識を持ち合わせていることも自身の強み。「専門的な知識が必要とされることが圧倒的に多い仕事。法的な部分で意見を求められることがあれば、積極的にお手伝いしていきたい」。


仕事のやりがいは、「社員一人ひとりに業務を任せていただき、自分の責任で結果を出せること」。経営陣と直接話ができ、社長を中心にしっかりとコミュニケーションを取ることができる環境は会社への信頼につながっている。「社長の右腕としてこれから5年で経営を支える存在になりたい」と今後の目標を力強く語る玉田さん。行政書士などの資格取得を視野に入れながら、法律・経済面から社内のバックアップを目指していく。「少数精鋭の会社だからこそ個々人の力が必要とされます。自分の力を活かすには最高の職場です」と将来の新しい仲間にメッセージを送ってくれた。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

熊本で働く人一覧

一覧
PAGE TOP