柿本 亮さん

INTERVIEW インタビュー

新卒で入社し4年目の柿本さん。土物関係の野菜(玉ねぎ・じゃがいも・人参など)を扱う根菜2部に所属、しょうがと蓮根を担当している。取扱量のアップを目指し、県内全域のみならず長崎、宮崎に足を運ぶことも。担当先は約100件。既存取引が中心ではあるが、「新規の農家さんにも大同青果に青果物を出してもらえるように、何回も訪問してメリットの説明や熱意をぶつける。訪問できない日はこまめに電話をして、信頼関係を作るようにしています」と頼もしい。既存の農家には、市場状況の説明や出荷時期のアドバイスを通して、良好な関係を築く。「ミッションは取扱髙を増やすと同時に売上高を増やすこと。売り先(仲卸業者や加工業者)も自分で開拓していかないといけない」という状況の中で、自分のアイデアを営業活動に活かし、入社2年目には新規獲得件数が評価されて年間の「優秀社員賞」を受賞した。


入社前は「市場」や「セリ」のイメージが強く、「営業」のイメージがつかなかったという。「入社してみると、人と人とのコミュニケーションが大事だと思った。日頃から生産者の所や農協さんに行き、担当者と話をしたり、仲卸さんとも普段からこまめにやりとりをしています」。仕事のやりがいは、「野菜が高く売れたときに、生産者や農協さんから『柿本さん、頼りにしとるけん、あとは任せたよ』と信頼していただいたときです。安く売れたときは厳しいことも言われるが、その分きつい状況で売れたときは喜ばれます」。社内の雰囲気は、「社長がけっこう話しかけてくれて距離感が近いです。人柄がよい人が多く、支え合える職場です。社員同士のレクレーションも多いですよ」。今後の目標は、「大同青果を背負っていける人材になれるようにがんばりたい」と語ってくれた。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

熊本で働く人一覧

一覧
PAGE TOP