東小薗(ひがしこぞの)拓真さん

INTERVIEW インタビュー

鹿児島県出身の東小薗さん。熊本県内の大学に進学後、県内の建設会社など数社を経て、2010年に同社に入社した。入社の決め手は「大型物件への憧れ」。鉄筋コンクリート造は、一定規模以上の建築物に適しており、デザイン面でも自由度が高く、お客様のニーズに合った設計・施工が可能だ。現在は現場管理・監督を担当。企画段階から工事金額の見積り、工程計画立案、工事用図面の作成など携わる業務は幅広い。また、主任として若手社員の指導的な役割も担う。毎回約30職種が関わるという工事工程を管理するコツ。それは「予算・納期工期・お客様の意図を意識しながら常に先の先の先を読んで行動しています。お客様のご要望を十分に把握しながら企画・設計をスピーディーに進めることが、その後のスムーズな工事につながります」。ここ最近では、複合型サービス付高齢者住宅や大手企業関連工場など大型物件を任され、社内での信頼も厚い。


「冨坂建設に勤めていると言っても知らない人がいる。そこを変えていきたい」と今後の目標を語る東小薗さん。目指しているのは「冨坂建設なら間違いない」「熊本なら冨坂建設」と言われる会社づくり。その実現のために、会社の未来を担う若手の育成に力を入れていく考えだ。「建物が地図に載るんです。子どもに『自分が建てた建物だ』と言うこともできる。がんばった証が形として残り、達成感がとても大きい仕事です」と熱く語ってくれた。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

熊本で働く人一覧

一覧
PAGE TOP