平井恵美子さん

INTERVIEW インタビュー

同社へ転職を果たし入社7年目を迎える平井さん。洋服店やドラッグストアでの販売経験から、自身の接客力を活かした仕事をしたいと思っていたところ、同社のコミュニケーター職の求人に出会った。「蜜を採取し、自社工場で商品化、直接お客様にお届けしており、すべてが見える会社だと感じました」。現在はインバウンド部の部長としてメンバー7名のマネジメント、お客様からのお問合せ・ご注文など幅広く担当。電話応対の合間に事務作業を並行して行い、お客様の立場に立った迅速な対応を心がけている。上司としては若手コミュニケーターの育成にも携わる。「指導する中で部下から教えられることもあり、刺激になります」。ベテランのコミュニケーターとともに若手のフォローを行い、部署全体としてレベルアップを目指している。

転機となったのは入社5年目。マネージャーとして佐賀県のコールセンター立ち上げに従事。「不安はあったが、自分の限界までやってみようと思いました」と、リーダーとしてコミュニケーターの育成指導を担当。「自分たちで問題意識を持ちながら挑戦して、失敗しながら壁を乗り越えることができました」と自信を深めた。「さまざまな挑戦を通して、スキルアップや成長ができる会社です」と平井さん。一方で、「プライベートと仕事のメリハリがしっかり取れています。残業時間も少なく、休日もたくさんいただいています」と働きやすさを感じている。今後の目標は、「将来の管理職として若手社員をしっかり育て、会社を引っ張る存在にしていきたい」。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

熊本で働く人一覧

一覧
PAGE TOP