山本克哉さん

社員写真

熊本ドライビングスクール
企画広報室長
同社ココクマページはこちらから
同社ホームページはこちらから

INTERVIEW インタビュー

「実はカムバックなんです・・・」と山本さん。親戚の事業立ち上げを手伝うために一旦退職したものの、永田社長から声をかけられ職場復帰を果たした。退職していた期間中もKDSに生徒を紹介するなど気持ちは離れていなかったという。現在は企画広報室長として「いのちをまもる」というKDSの取り組みを周知するために県内各地を飛び回っている。また、繁忙期にはインストラクターとして教習を行うなど業務は多岐に渡る。

18歳~22歳の教習生が多い中、社会に巣立つ前に最も大事な事として学んで欲しいと企画した挨拶プロジェクト。「挨拶は簡単だけれども、1番難しい。まずは自分達の姿から挨拶を交わす事の大切さを感じ取って欲しい」と山本さん。職員から発せられる気持ちの良い挨拶は、若者だけでなく年配の方々からも評判がよく手応えを感じている。「トップの方針がブレず、一緒に考える機会が多いのでやりがいを感じるし働きやすい」「全社員が卒業生の事故率0%という数字に向かい、質の高い教習を心掛けている」職場環境のようだ。免許取得の期間を楽しく過ごす事ができ、教習以外でも学びの場を提供出来る事を強みとする一方で、少子高齢化が進む中、会社として勝ち残っていく為にどのような取組みを行うかを今後の課題としている。以前はレーサーとして活躍した経歴を持つ山本さん。「沢山の皆様にKDSに来て頂きたい。県内の方が免許を取るならKDSと最初に選ばれる会社にしたい」「夢はKDSレーシングチームを結成し、再びサーキットを走ること」と力強い。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

熊本で働く人一覧

一覧
PAGE TOP