上野仁さん

INTERVIEW インタビュー

同社に転職を果たして5年目を迎える上野さん。長崎・佐賀・鹿児島方面の農機具店・ホームセンターを中心に営業を担当している。営業先では、「お客様との人間関係を大切にすることを心がけている」という。「お客様と日頃のコミュニケーションを取りながら、いざ困った時に連絡をいただける人間関係を作っています。」実際に、お客様の声を参考に製品改良をメーカーに提案、開発・販売につながっている製品がある。「一度購入していただいた製品は10年ほど使用されるが、毎年決まった量の製品を販売できています」と安定感のある営業を続けている。


社内では、社員一人ひとりが自ら考え、行動する姿勢が求められている。「指示を待っている人には戸惑いがあると思うが、一方で自分たちのやりたいことがしっかりとできている」と上野さん。売上に関しては、「社員全員でカバーし合い、会社全体で目標達成ができればいい」と、チームワークを重視している。採用については、「1人でも不採用と言ったら入れていない。インターンシップや会社訪問などで社員皆が納得してから入社を決めるからいい」。採用活動を通して社員同士のコミュニケーションが活発になり、新入社員を育てていこうという責任感にもつながっているという。「将来的に社長を支えていく立場として、今は社員みんなをまとめることが大切」と、今後の目標を語ってくれた。

  • 事業の特色写真
  • 事業の特色写真

熊本で働く人一覧

一覧
PAGE TOP